2017.7.9
閉院の為テナントの内部を解体、原状復帰のはずが・・・(2)
退去に対する合意書を締結し、内部解体原状復帰の工事も前金で全額支払い、速やかに退去したのですが、その後解体原状復帰工事は全くなされていなかったのです。不動産のネット広告で『元婦人科クリニック40坪内装綺麗、賃料月50万円(以前は75万円)』うまくしてやられたと思いました。解体工事費を受け取っておきながら何も手を付けず、院長が撤退退去した後、即開業できる居ぬきクリニックとして募集するとは・・・。院長曰く『原状回復工事が完了したのを確認してから工事費を支払うべきだった。』オーナー、仲介業者、工事業者が院長が撤退を申し出た時から企んでいたのでしょう。なかなかやるもんですね。油断も隙もありゃしない。